INTERVIEW

住宅業界の未来をつくる

  • LIFULL HOME'S事業本部
    注文住宅・リフォーム・リノベーション事業部
    注文住宅ユニット
    営業1グループ長
  • 営業
    布川 洋平
  • 2011年中途入社
Scroll

入社理由を教えてください

学生時代からガツガツ挑戦できる環境に憧れがありました。年齢に関係なく、自分の意志で決断したり、新しいことに挑戦したりすることが好きな性格でした。そのため、新卒では若手でも店長として1つの組織を任せてもらえる大手飲食チェーン企業に入社。2社目の大手人材会社も、ベンチャーマインドが強く、挑戦的に働ける環境に魅力を感じて、入社しました。
LIFULLには2011年に中途入社しました。きっかけは、前職の人材企業で住宅業界の企業を営業として担当していたときのこと。住宅業界の経営者は、情熱を持っていて魅力的な方が多かったのですが、経営面が悪化して人材の採用どころではなくなってしまう企業も多く見てきました。そのため、住宅業界に事業面から支援できる「LIFULL HOME'S」に興味を持ちました。さらに、ビジョンや利他主義を大切にし、チャレンジングな組織風土があることにも惹かれて入社を決意。若い人材がガンガン挑戦して、事業を推進できる環境で日々挑戦を楽しみながら働いています。

LIFULLでの挑戦について教えてください

入社4か月後に、「LIFULL HOME’S」の注文住宅・リフォーム部門の営業として1人で大阪に赴任し、営業組織を立ち上げ、西日本のマーケットを開拓する大きなミッションに挑戦しました。すべて自分次第という状況に対して、「絶対やってやる」と燃えていましたね。クライアントには、ときに「LIFULL HOME’S」以外の施策も提案し、徹底的に寄り添うことで、赴任した2年間で西日本での売上を約5倍に拡大することに成功しました。
その後は東京に戻り、注文住宅を扱う工務店とハウスメーカーが、当時別々に掲載されていた2つのサイトを統合するプロジェクトを提案し、リーダーとして実行。ユーザーにとって探しづらい状況を変えたいという思いで取り組みました。部内のメンバーにはプロジェクトのビジョンを何度も共有して巻き込み、クライアントにはリソースを1つのサイトに集中することで、より大きな価値を提供できるサイトに成長させることを粘り強く説明。結果、ほぼすべてのクライアント企業が、サイト統合に共感し、契約を継続してくださりました。そしてユーザーにとって情報が探しやすいサイトへと成長し、問い合わせ数は以前のサイトの3倍となり、プロジェクトは成功。「手を挙げた人がリーダー」という文化がLIFULLにはありますが、ビジョンや利他主義に沿った提案であれば、背中を押してもらえる。そのような環境で挑戦できるのはとてもやりがいがありますね。

LIFULLの「人」や「文化」の好きなところを教えてください

利他的な人が多いと思います。本当に、一緒に働いていて、気持ちがいい人が多いですね。営業でも、クライアントのニーズによっては、「LIFULL HOME’S」だけでなく、他社のサービスを紹介したり、Web以外のプロモーション施策を提案したりすることもあります。その場合は、もちろん自社の売上にはなりません。短期的な利益を求めたり、自社のサービスのみを通して貢献したりするのではなく、長期的に大きな価値をクライアントに届けることを最重要視しているのです。利他主義を掲げることは簡単ですが、それを1人ひとりが本気で実践していることが、LIFULLの大きな強みだと私は考えています。
また、自分の意思を強く持っている人も多い会社です。1人ひとりが、自分のビジョンを持っていて、挑戦が大好き。そして、利他主義がベースにある人たちの集まりだからこそ、誰かが挑戦しようとしたときに、自然とサポートする文化が醸成されているのだと思います。私も西日本の営業組織立ち上げやサイト統合など、大きな挑戦の中で困ったことがあるときは、必ず誰かが助けてくれました。自分のビジョンに共感した仲間が周りに集まってくれるのは、とても心強く、1人ではできない大きな成果を上げることができます。出る杭が打たれないどころか、むしろ出る杭になって周りを巻き込むことが求められる会社だと思います。

今後のビジョンを教えてください

「住宅業界の未来をつくる」。これが私のビジョンです。私が関わる注文住宅は、すでに建てられた住宅を購入するのではなく、お客様の要望に合わせてゼロから建てる物件です。そのため、目に見える商品がなく分かりづらいのです。住宅展示場に来場し、サンプルを見学することはできますが、お客様にとってはまだまだ情報量の少なさや手間の多さが課題として存在していますし、クライアント企業にとっては住宅展示場をつくって運営する多大なコストが発生しています。この現状に対して、「LIFULL HOME’S」を通してインターネットでもっと手軽に、もっと多くの情報が得られるような仕組みをつくりたいと考えています。お客様が組むことができるローン金額や家族構成に対して適正な広さや間取り、最近のトレンド、住宅建材の違いなど、インターネットで提供できる多くの情報があるのです。VR等の最先端のテクノロジーを活用すれば、もっと新しい住まい探しの体験も提供できると思います。住まいを購入するのは、多くの人にとって人生にたった一度きり。そんな大切な選択が、本当に幸せなものになるような世の中を、仲間とともにつくっていきたいと思っています。

OTHER INTERVIEW